【猫まんが】暮らしてるよ【by愛玩動物飼養管理士】

こんにちは、猫を愛するねるみです。

猫まんがだよ〜ん。

うん・・・言いたい・・・。

言えよって話ですね。

仲良しの友達には「暮らしてる」と言ってますが、そこまで親しくない人から猫の話題を振られたときは相手の「猫飼ってるんだって?」みたいな問いかけに合わせて「飼ってますよ」と答えています。

なんというかニュアンスというか、話をしてるときの空気感とか話す人の人柄にもよらないでしょうかね。

カラリとサラリとした感じの会話や人物なら「暮らしてる」という言葉も自然に聞こえると思うんですけど・・・

じっとりとしたタイプの私が
「はい、私、猫2匹と一緒に暮らしてるんです…」
というのは、なんというか聞いた人に「ただの世間話になにコイツなんらかの主張入れてきてるの?キモ。」と受け取られそうで、面倒くせぇなと思って・・・

そんなわけで今までは当たり障りのない感じで話してきました。

でも、この4コマ漫画をツイッターでアップしたときにコメントをくれた何人かのフォロワーさんは「暮らしてるって言ってるよ」と堂々と仰っていて。

私にはそれがとても素敵に、そしてかっこよく映りました。

だって大切な家族ですものね。

私は一緒に暮らしてるニョルとまるを「私の子供!」と固定して捉えてはいないのですが、子供のような存在に感じるときもある、守るべき大切な家族であることは間違いないです。
(子供・友達・同居人などその時々で変わりませんか?)

私は猫のニョルとまるを家族として大切に思っている、このことを「暮らしてる」という言葉で主張してなにがいけないの?

いや、いけないことなんかない。

ていうか最初から誰もダメとか言ってない。

自分で思い込んでただけ。

他人からどう思われるかを軸に考えて、大事にすべきことをそうしていなかった。

それは自分の弱さだと思います。

反省。反省だけならサルでもできる。(懐い…)

だから今度から普通に「暮らしてる」って言っていこうと思います!

自分に素直でいられるし、「暮らしてる」という言葉を聞いた人の心に何か残せるかもしれませんしね!

はい、めでたしめでたし。

ではでは〜。

スポンサーリンク

フォローする